毛抜きで無駄毛を抜くのはNG

脱毛器はメラニン色素に反応


サロンやクリニックで施術を受ける前の下準備として、施術の前日に自分でシェービングをしなければなりません。その時、ムダ毛がなくなれば何でもいいのだろうと、毛抜きで無駄毛を抜いてしまう人もあるようです。しかし、毛抜きや脱毛ワックスなどで無駄毛を抜くのはNGです。 光脱毛やレーザー脱毛はメラニンの黒色に反応し、毛乳頭に熱を与えて無駄毛の再生を阻止します。毛抜きで毛根から抜き取ってしまうと、光やレーザーが反応しないうえに、毛周期を乱し理想的なペースで脱毛ができなくなることがあるのです。光脱毛であれば12回から18回ほど、レーザー脱毛なら5回から6回ほどで完了するものが、もっと長くかかってしまう可能性もあります。

シェーバーで処理するのが正解


下準備としてシェービングする正しい方法は、電気シェーバーが正解です。カミソリでもOKですが、刃が肌に直接あたりダメージを与えることも考えられます。特にデリケートゾーンのように敏感な部位は、刃が直接肌に触れない電気シェーバーが安全です。価格もそれほど高くないので、1つ持っていると重宝します。
剃り残しがあるとその部分だけ脱毛してもらえなかったり、サロンでシェービングしてもらうこととなり追加料金がかかったりするので、しっかりと処理するようにしましょう。長い無駄毛が肌の表面にでていると、光やレーザーが反応して火傷する恐れもあります。背中やうなじなど自分で処理しにくい場所は、家族に手伝ってもらうとよいでしょう。

レーザー脱毛を横浜でやりたいと考えている人は、口コミサイトで実際に脱毛した方の意見を参考に、サロン選びをするのがおすすめです。