日焼けをしないよう注意しよう

レーザー脱毛を受ける前は日焼けは避けるべき


ワキや腕などのムダ毛を処理するために、医療クリニックでレーザー脱毛を受ける女性は多くいます。ただレーザー脱毛を受ける際は、絶対に日焼けをするのは厳禁です。そもそもレーザー脱毛とは、毛根にある黒い色素をレーザーで破壊することでムダ毛を処理する方法です。レーザーは黒色に反応する性質があるので、日焼けした状態だとムダ毛以外の皮膚にも反応してしまう可能性が高まるからです。最悪の場合、火傷を引き起こすリスクがあります。また、日焼けした肌は非常に敏感なので、照射直後に炎症、ヒリヒリ感などが生じやすくなります。その他にも、日焼けをしていると肌トラブルを防止するためにレーザーの出力を落とさなければいけません。その結果、通常よりも脱毛効果は弱くなってしまうというわけです。そのため、施術の前は日焼けしないように注意する必要があります。

施術後も日焼けをしないことが大事


レーザ脱毛をクリニックで受けた後も日焼けをすることは絶対に避けた方が良いです。その理由は、レーザーを照射した皮膚というのは外部からの刺激に対して非常に敏感な状態であるからです。敏感な状態の肌に紫外線が当たると、赤みやヒリヒリとした炎症、痛みや火傷などが起こる可能性があります。さらに、皮膚の免疫が弱くなっているために、通常よりもシミやそばかすなどの色素沈着が起こりやすくなってしまいます。

その他にも、施術後に日焼けをすると肌が乾燥しやすくなることも難点です。紫外線により皮膚の細胞が大きく傷つけられると、肌に含まれる水分が蒸発しやすくなってしまうからです。肌が乾燥しやすくなると美容の面からも良くありません。なので、必ず外出する際は日傘や日焼け止めなどで対策をすることが大事です。

レーザー脱毛を銀座で受けるには、医療脱毛ケアが受けられる美容皮膚科や美容外科を受診する必要があります。